お得に安全に、お引越し!

引越しの挨拶は必要?

引越して知らない土地へ行くのは、楽しみでもあり、不安でもあります。
その不安を和らげるのにひと役買うのが、引越してすぐの挨拶回りです。
一般的なのが、タオルを熨斗紙で巻いて、名字を記してお渡しすることです。
タオルは、実用的でたくさんあっても困りませんし、名前も覚えてもらえます。
渡す範囲は、向こう三軒両隣といいます。
タオルの他、石鹸もよく選ばれます。
ただ、アパートなどの一人暮らしの場合、近所への挨拶回りはおろか、表札さえも出さないことが多いようです。
近所付き合いで安全を確保するよりも、一人暮らしだと知られない方が重要なようです。
特に女性は、不動産屋さんも、しないことを勧めるようです。
このように、ケースバイケースですが、ファミリーでの引越しは、近所の情報を得たり、その後の生活をスムーズにするためにも、きちんとした挨拶をしておくべきでしょう。
ちょっとした気遣いで、新天地でのデビューを気持ち良く果たしましょう。

引越しの挨拶に関して

昔と今ではこうした引越しの挨拶の状況も変っていて、あまり両隣の人と接点の無い状況が多い形で生活を送る事の多くなった現代では、やはり昔の様にその度に挨拶に伺ったりする事もあった様ですが、今では引越しを行った後で違う人が知らない間に住んでいる事とすると、やはりそこで特に問題も無く時が過ぎる事となります。
それも、やはり色々な事が考えられますが、昔の様に協力して生活を送ると言ったスタイルではなくなっている事に関して、それぞれが生活を送っている事となり、誰も関心を持たない状況で近所に生活を送っている事となります。
そう言った中で暮らしをするスタイルとなっている現代では、色々と引越しの挨拶の状況に関してもやはり時代が変っている事を象徴する事で、ほとんどの人が行わない事も考えられる所となり、色々な面で礼儀として行っていた事なども、ライフスタイルが変っていく事となれば、そこで考え方なども変っていく事となっている様です。

check

ファッションデザイン専門学校で学ぶ

2018/3/28 更新